手汗 止める

手汗を止める方法

自分でできる手汗対策

手汗治療法

手汗コラム

手汗の原因

私が手汗を止めた時に使った制汗剤


>>私が使った制汗剤はコレ!

緊張すると手汗が出るせいで、私は今まで緊張するような場面では、いつも後悔するような結果ばかりでした。

手汗が気になって集中できないんです。

とけたはずの問題がとけなかったり、できたはずのことができなかったりということが何度もありました。

でも、私は、もう手汗で悩むこともありません。

なぜなら、ある制汗剤に出会ったからです。

ここでは、私が手汗を克服するのに使ったデオドラントの話をしたいと思います。

様々な手汗を止める方法について


手汗に悩んでいる人なら、きっとみんな同じだと思うんですけど、私も手汗が止まる、克服できるといわれる方法は、片っ端から試しました。

・エイトフォーやギャッツビー 市販の制汗剤を使っても、一時的に治まるかな、という程度でした。
・ミョウバン 薬局で買うミョウバンで、ミョウバン水を作るというものですが、続けよう!と思うほどの効果はありませんでした。
・ツボ押し 効果が実感できないので、続けられませんでした。
・やたら高い怪しいマニュアル 当たり前のことをいかにもすごいことのように説明しているだけ。1万円くらいしたのに、市販の本となんら変わらず。



他にも色々とやりましたね。

やりすぎてもう忘れちゃいましたけど、おまじないみたいな方法とか、サプリメントを飲むとか。

藁にもすがるってこういうことをいうんだろうな、って思いながら、次々にやりました。

散々色々試したのに、最終的に一番効果があったのが、薬局とかスーパーで売られている制汗剤だなんて、皮肉なもんです。

一軒でたくさん買ったり、頻繁に買ったりするのは恥ずかしいので、とにかくあちこちで買うようにしてました。

今にして思えば、自意識過剰なんですけど、手汗を気にしてることを知られたくなかったんですよね。

もういっそ、ネット通販で大量に買おうかって、やけになって、いや、その前に、

もっといい対策方法って、本当にないのか???とネットで検索しまくって、デトランスα手足用をみつけました。

@コスメで絶賛の制汗剤はコレ!


結局、制汗剤・・・って、思うのはわかりますけど、デトランスアルファの手足用は、普通の制汗剤じゃないんです。



公式ページはこちら

値段も普通の制汗剤よりも高いですよね?でも、効果はそれ以上に違います。

私も最初はこの値段の制汗剤を買うのはためらいがあって、口コミを調べてみたんです。

口コミなんてないかも、と思いながら調べてみたら、あの@コスメにもちゃんと口コミがのっているような制汗剤で、しかも、めっちゃ絶賛されてるんですよ。

@コスメで超高評価のデオドラントの手足用でした。

口コミを読むだけで、期待が高まって、早く試したいとうずうずしたのを覚えています。

@あっとコスメの口コミの一部

@コスメの口コミの評価のページはこちら



その手足用がデトランスα手足用


そのドイツ製のデトランスαの手足版が

こちらのデトランスαの手足版です。


>>私が手汗を克服した時に使ったデオドラントはコレ!


@コスメって、テレビや雑誌で絶賛!の商品でも、3とか、2とかだったりしますよね。

期待した分、それがハズれると、評価が辛くなるんだと思うんですけど、もうボロクソに書いてることも少なくありません。

でも、このデオドラントって、4.8なんですよ。

この記事を書いている段階では、78件中の平均なんで、ダマしのない評価だと思うんですね。

もちろん、5段階評価ですから、ほぼ満点に近い高評価ですよね。

使ってからは、私もレビューを書きにいきました。

これだけの効果が出るんなら、この値段でもしょうがないかな、って思えますね。

市販の普通の制汗剤を買っていた時よりも、安くついてますし、ほとんど毎日使っても、1ヶ月以上は余裕で使えるんで、コスパがいいんです。

あなたも手汗に悩んでいるのなら、ぜひ一度試してみてください。

手汗を治す方法のコラムについて

手汗を止める方法、かかない方法は、いくつかありますが、最も基本的なことは、リラックスできる状況を作ることです。精神的に安定して、自律神経の乱れが改善されれば、次第に気にならなくなってくる可能性は大きいでしょう。また、手の平の汗がひどい人は、精神的に緊張感が強かったり、極度の心配性であったり、ということがあるようです。その場合は、弱い精神安定剤を服用することで、症状が改善する例も少なくないそうです。即効性のある方法としては、制汗剤や治療薬を使って止めることです。制汗作用のあるクリームをこまめに塗ったり、塩化アルミニウム配合の薬で密封療法を試したり、安価で手軽にできる方法で止めることはできないかに取り組んでみると良いでしょう。どうしてもひどくて、もっと確実な方法を、ということで考えると、ボトックス注射やイオントフォレーシスなどを、医療機関で受けてみるという方法もあるかもしれません。日常生活でも、ストレスや刺激の強い物の食べ過ぎ、睡眠不足などに注意して、症状を軽減できるように取り組んでみて下さい。
冷え性の人には手汗が多い、という傾向があるようです。つまり、冷え性と手汗には、気づかれにくい関係があるということです。汗をかくのに手や指先が冷たいのは、一見、矛盾しているように感じますよね?汗をかくのは熱いから、というの当たり前のイメージがあるでしょう。ですが、冷え性との関係も、実は不思議ではないのです。冷え性なのに汗をかく、と考えると違和感が強いでしょう。しかし、汗をかくから手足が冷える、と考えればおかしくはありません。手以外の体に汗をかく時は、体温を下げるために発汗し、それが蒸発して温度を下げることができるからです。大量に発汗すれば、その汗が蒸発して手足などの温度を奪ってしまうのも当然と言えます。また、手汗は手掌多汗症と正式には呼ばれるもので、多汗症は交感神経が過敏に反応してしまうことが原因とされています。交感神経が異常に反応してしまうと、発汗する量が増え、副交感神経は血管を収縮させようとする性質があるのです。これは発汗しているのだから体温を下げよう、という副交感神経の反応です。手足の血管縮小により、血管に送られる血液も少なくなるので、手足などの末端が冷えてしまう仕組みです。

私はこの制汗剤で手汗をとめることができました!


私が手汗を克服した制汗剤はこれ!



to TOP